そして今夜も酔眼漂流

酒を片手に日々酔眼化する人の日常、あるいは酔っ払いの独語

京都旅2020早春

毎年恒例の京都への旅に行ってきました。といっても、去年は奈良を巡る旅だったので、京都に行くのは二年ぶり。

今回の旅は、写真熱再びでカメラ片手の写真散歩。新しい相棒、OLYMPUSのOM-D E-M10 Mark IIIを買いました。

訪れた時期は、新型コロナウィルスの影響が少しづつ日本でも話題になりつつあった頃。その為か、いつもの京都よりは観光客の姿は少なかったようです。

こっちは呑気に、人が少なくていい、なんて思っていましたが…。

撮影にはOM-D E-M10の他に、ソニーのアクションカム HDR-AS300を使用。

動画編集には、iPadでLumaFusionとKeynoteを使っています。

動画内で使わせていただいたBGM

「Savon」by Ryo Lion

https://dova-s.jp/bgm/play11921.html

「衛星の夜」by Ryo Lion

https://dova-s.jp/bgm/play12335.html

iPhoneの写真・動画撮影のお供にShoulderpod S1

f:id:fockewulf:20170924101318j:plain

iPhoneをカメラとして使う場合、ホールドしやすいとは言い難い。特に片手で持って撮影、なんてことはかなりやりづらい。Shoulderpod S1は、そんな悩みを解決するアイテム。スマホ用のハンドグリップだ。スマホにこれを付ければ、持つためのとっかかりができるわけで、撮影の際の安定度は一段と増す。

f:id:fockewulf:20190310101104j:plain:w400

Shoulderpod S1は、二つのパーツから成っている。右側はスマホを挟むホルダー部分。これだけでもグリップとして、使えないわけじゃないが、真ん中のパーツをつけることによってホールド感が増す。左側にあるのはストラップ。

f:id:fockewulf:20190310101017j:plain:w400

全部付けるとこんな感じになる。一見すると金属製のように見えるが、ホルダー部はプラスチック製。チャチっぽくはないけれど、最初持ったときに多少の肩透かし感はあった。もっとも、これが金属製だと重量がかさみそうで、それはそれでどうなのと思わなくもない。下に取り付けるパーツは金属製で、それなりの重量感がある。こいつはホールド感を増す他に、カウンターウェイトとしての役割も担っているのかも。

ハンドグリップとして使う

iPhone8Plusに装着するとこんな感じ。片手で楽々iPhoneをホールドすることができる。このままシャッターを切ることも、もちろん簡単なこと。片手でシャッターを切りたい状況は、ままあるのでこれは便利。両手で持つときも、素の状態よりもはるかに安定してiPhoneを構えることができる。

反面、Shoulderpodを付けた状態だと、気軽にポケットにしまえると言うわけにはいかないのがちょっとだけ不便と言えなくもない。ストラップがあるから、手首にぶら下げておくといった使い方もできるけど、それはそれでいろいろ不安な面もある。

さて、ShoulderPodは、ハンドグリップの機能の他に二つの使い道がある。

三脚マウントとして使う

二つのパーツとも、底部は三脚用のねじ穴になっている。

当然、三脚のマウントとしても使うことができる。実は元々、iPhoneの三脚用のマウント探していて見つけたのがこれだったりする。

ホルダー部だけでも自立するので、限定的な使い方にはなるけど、三脚がわりになる。

スマホスタンドとして使う

地味に便利な使い方がこれ。

こんな風にスマホスタンドとしての使い方もできる。オマケ的な機能だけど、机の上などにおいて使う場合の使い勝手が向上する。個人的には嬉しい機能。

こんな感じで、いろいろ便利なShoulderpod S1。本体だけならどこにでも忍ばせておけるので、出かける際は、必ず持っていくアイテムとなっている。

www.kopek.jp

ソニーのアクションカム HDR-AS300を買った

ついに買ってしまったソニーのアクションカム、HDR-AS300。

前々から購入を悩んでいたんだけど、いまひとつ踏み切れないでいた。買うなら普通のビデオカメラでいいんじゃないの?という葛藤。

きっかけは先日何気なく見たこちらのYouTube。


初めての北アルプスは憧れのジャンダルム [西穂高岳・奥穂高岳]

こちらでは、GoProを使ってるようなんだけど、カメラを身につけて行動を記録するのはやはり面白いと再認識。こんな映像は普通のビデオカメラでは難しいだろう。もっともこの動画の場合、全体として面白いって事があって、それに乗せられてしまったという面もある。

そんなわけで最初はGoProを買うつもりでいたけど、結局ソニーのアクションカムを。決め手は価格差。GoProだと買うとなるとHERO7 Black*1が候補。本体だけ買っても使えないのでアクセサリ類も購入するとなると7万円ほどになってしまう。ソニーだと、5万円ほどで同じ構成のものを買える。

ライブビューリモコンを入れると同じくらいになっちゃうんだけど、よく考えてそれは必要ないだろうという判断。モニタはスマホのアプリで代替えできるだろうって事で。この手のカメラの場合、モニタ見ながら撮影ってのはちょっと違うんではないかと。基本的に身につけて使おうと思ってるし、手持ちの場合も写したい方にだいたい向ければ、広い画角のおかげでそれなりに写ってるでしょ、って事で。ライブ感というか雰囲気を映せればいいかなと思ってて、構図を決めてきっちり撮影するとなると、普通のビデオカメラ買った方が宜しかろうと。

因みに上位機種のFDR-AS3000は、4K撮影ができるかどうかの違いだけで、自分にとっては外せるポイント。

不安材料なのは、もう3年ほど前の製品で、それ以降アップデートがないって事。前は、ソニーももっと力入れてたように見受けられたけど、この分野はもう店じまいなんですかね、ソニーさん?

本体と一緒に購入したものは

  • SONY キャップクリップ AKA-CAP1
  • SONY ヘルメットサイドマウント VCT-HSM1
  • SONY MCプロテクター AKA-MCP1
  • SONY アクセサリーキット ACC-TRBX
  • Samsung microSDカード64GB EVOPlus
  • str BC-TRX NP-BX1 デジタルカメラ互換急速充電器 USBチャージャー

*1:性能的にはSilverでも良さそうなんだけど、バッテリが内臓というのが問題点